人気ブログランキング |

年末調整 住宅ローン連帯債務者がいたら?

今月は、年末休暇や祝日の関係で稼働日が20日もありません。

給与計算と冬季賞与計算と年末調整の過不足額を
給与(あるいは賞与)に反映させるのと・・・で、
毎日が全力疾走です。
まさに時間との勝負、といったところでしょうか。


さて、そんな中、今日も年末調整に関するQ&Aです。

『住宅ローンの連帯債務者がいる場合の申告書の書き方は?』

住宅ローンを複数名で借り入れている場合、その負担割合に応じて
年末調整の住宅借入金等特別控除を受けます。

その際に、必ず申告書の備考欄に次の文章を
連帯債務者に記入してもらいます。

『私は、連帯債務者として、住宅借入金等の残高○○○円のうち
△△△円を負担することとしています。住所・氏名㊞』


さらに、その方が勤めている場合は、勤務先の所在地と名称も
記入してもらいます。

年末残高等証明書には残高の総額が記載されていますので、
実際の控除の対象となる金額とは異なります。

そのため、申告書備考欄に連帯債務者の負担額を
記入してもらわないと、申告を受ける方の負担額がわからないのです。

連帯債務者がいる場合は、控除額の計算をする際に
特に気をつけましょう!



最後までブログを読んで下さって、ありがとうございます。
↓今日も応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

by cmns | 2010-12-09 10:44 | by Y★K | Comments(0)