卒業後3年は新卒扱いに

こんにちは001.gif

厚生労働省は、若年者の雇用指針を改正し
「卒業して3年以内は新卒者として応募できるようすべきだ」
との内容を盛り込んだそうです。

卒業後仕事についていない若者は
2010年3月卒業の場合7万5千人と前年度に比べ
3万1千人増えているとのこと。

新卒で就職できないと、
その後の人生でもなかなか正社員になれなかったり、
卒業後の採用、既卒枠の場合は、
実務経験を求められるなど条件が厳しいので、
簡単には正社員にはなれないようです。

今回の指針の改正は、
そんな現状を受けてのこと。
ただ、同指針に罰則規定はなく、
あくまで各企業の努力を促すそうです。



最後までブログを読んで下さって、ありがとうございます。
↓今日も応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by cmns | 2010-11-19 09:10 | Comments(0)