「冬に扇風機を当てパワハラ認定」事件

こんにちは001.gif

興味深い記事を発見しました。

ある会社の(元)部長が、喫煙している契約社員らに対して
煙草臭いと冬に扇風機を当て続けたため、訴えられました。
結果「パワハラ」として認定され、約146万円の支払を
命じられたというニュースです。

判決によりますと、その元部長は約半年間に渡って
業務用大型扇風機3台を「強風」にし、後方から1日中
風を当て続けたとの事です。
最も強い風を受けていたうちの1人は「うつ」を患って
1カ月間休職したそうです。

またその部長は、不当に始末書を書かせたり、暴言を吐く等
していたことも理由として上がっています。

今までは「上司の部下に対する指導」という名目のため
パワハラとして表面化することは極めて稀でした。しかし、
ここ最近ではパワハラについての一般的な社会認識が
高まり、問題となってきています。

部下と上司といっても同じ人間なので、言動や行動には
お互い気をつけ、よりよい人間関係を築いていくことが
大切です。

最後までブログを読んで下さって、ありがとうございます。
↓今日も応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by cmns | 2010-07-28 10:12 | by subaru★ | Comments(0)